八ヶ岳高原便り


身辺雑記

2018年12月8日
今年最後の水彩画教室が明大前の会場にて開かれた。今日のモチーフは、帝王ダリアと秋の果物(みかん、ブドウなど)の組合わせだった。置かれた画材をそのまま描くのではなく、 もっとも効果的な配置を考えながら描くようにとの講師のコメントがあった。そこで、篭に入った果物をダリアが包み込むようなイラストにしたところ、「面白いイメージです」と講師に 言われた。画作後の懇親会で、世話役から母体の日本セカンドライフ協会の現状についての説明があった。協会所属のサークル数が激減し、資金難に陥りつつあるという。サークル数 減少の背景には、会員の高齢化や各自治体主催のイベント増加があるらしい。協会が運営するサークル数の減少により収入が減り、専属の教室が維持できなくなったようである。そこで、 この明大前の教室も明春には閉鎖される見込みで、他の会場を探しているとのことである。
12月23日
サントリーホールで開かれた鈴木雅明指揮バッハコレギウムジャパンによる「メサイア」演奏会を聴きにいった。今夜のソリストは、ソプラノとアルトが日本人でテノールとバスが 外国人であった。素晴らしい演奏で、2時間を超える演奏を堪能した。オーケストラ伴奏とコーラスの合間に随所で美しいアリアが詠われた。この曲は、キリストの物語なのでクリスマス に演奏されるのが自然であろうが、本来は復活祭に向けて作曲されたといわれる。日本では、1948年12月に京都でオーケストラ伴奏による全曲演奏会が開催され、その後はクリスマスの 時期に演奏されるのが恒例になったといわれる。今夜の演奏会のアンコールでは、「清しこの夜」が歌われた。美しいハーモニーだった。




晩秋の道保川公園(相模原) 善光寺
         
過去のページ
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
2017年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
HOME