八ヶ岳高原便り

11月23日
三連休を利用して山荘に行った。晩秋の高原は紅葉も終わり、道端には唐松の落ち葉が絨毯のように敷き詰められていた。連休とはいっても歩く人もほとんどなく、辺りは静寂に包まれて ていた。11月も末なのに積雪はなく、八ヶ岳の山々の頂にも雪は見られなかった。ここに来ると暖冬が実感できる。

11月25日
山荘の水止めをして後の管理は大工さんに頼んで帰った。

身辺雑記

11月15日
乃木坂の国立新美術館で開かれている東山魁夷展と日展を見た。東山魁夷展は、画家の生誕110年を記念して開催され、100点近い作品が展示されていた。名作といわれる「道」や「月明り」 があった。「道」は、先に行くにしたがって細くなり先端は右に折れて白く光りながら畑の中に消えていた。道の両側は青を基調とした畑で、心が癒やされる作品であった。このような 道の描き方は、私のようなアマチュアにとっても参考になる。「月明り」は、京都円山公園のしだれ桜の上に満月が輝いている作品で、画家の心からの「祈り」が表れているような気を 抱かせる。日展では、多くの作品の中で成田禎介「絶壁の見える里」、杉森企観明「陽光II」、宇野孝之「睦月」などが印象に残った。




晩秋の松原湖 野辺山高原から八ヶ岳連峰を望む
         
過去のページ
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
2017年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
HOME