八ヶ岳高原便り

8月12日
猛暑を避けて高原にきた。お盆シーズンで渋滞を覚悟して朝8時に自宅を出たが、高速道は意外にすいており山荘には午前中に着いた。お盆シーズンで、高原も人出が多く貸別荘は 家族ずれで賑わっていた。日中は晴れ間も多かったが、夕方になると雷鳴がとどろき猛烈な雨に見舞われた。

8月13日
久し振りに娘達と八嶋湿原に行った。山荘から141号、中部横断道、142号経由で1時間半ほどで着いた。お盆ではあったが割合すいており、駐車場にも直ぐ入れた。湿原はまさに花盛りで、 オミナエシ、マツムシソウ、ハクサンフウロ、ヤナギランなどが咲き競っていた。最近シカによる食害がひどくなり、シカ除けの門が数ヵ所n設置されていた。1時間半ほどで湿原を一周 し、レストハウスで昼食後に山荘に戻った。往路、旧和田宿にある道の駅で地元産の新鮮な野菜やコメなどを驚くほど安く買うことができた。山荘に戻った後、夕方に激しい雷雨があった。

8月14日
恒例の中嶋会が小海駅前のレストランで開かれ、二十数名ほど参加した。この会は、地元の(有)中嶋けんちくが建てた山荘のオーナー達の集まりで今年で30回目となる。今回も新しい メンバーが数人参加し、この会も少しずつ代変わりしている。高原でも、数年来新築の山荘が増えている。源泉掛け流しの温泉ができたことで人気が高まったようである。お盆シーズン では、温泉は入場待ちの列ができるほどの賑わいである。中嶋会のメンバーは、定年退職後の余生を趣味で楽しむ人がいる一方、生涯現役を目指して月に一、二回ほどしか山荘を利用 しない人たちもいる。

8月30日
一昨日から山荘に来た。このところ午前中は晴れているので、長湖の湖畔で絵を描いた。ここには町営の音楽堂とフィンランドビレッジがあり、湖の向かいは森を隔てて八ヶ岳連峰を望み、 静かで眺めが素晴らしい。フィンランドビレッジでは、6月に日本在住のフィンランドの人々も招かれて賑やかな交歓会が行われる。この場所が森と湖の国フィンランドの風景と似ている ことから交流が始まったという。今の時期は静かである。

身辺雑記

8月7日
上野の都美術館で開催中の藤田嗣治展を見に行った。画家は明治半ばに日本で生まれ、82年の生涯のほぼ半分をフランスで過ごし、晩年にはフランス国籍を取得し、カトリックの信者となり パリで亡くなった。今年は画家の没後50周年に当たり、欧米の主要な美術館の協力を得て、回顧展が開催される運びとなった。画家の代表作が一堂に会するばかりでなく、初来日の作品も 展示されていた。今回の回顧展には200点近い作品が展示されていた。全体として、乳白色の背景、乳白色の裸婦、バランスよく配置された静物画、戦争画(アッツ島玉砕、サイパンでの 集団自殺)、キリスト降誕などの宗教画、様々な自画像などが印象に残った。また、藤田画伯は世界各地を旅行して、旅先で絵を描いて生計をたてていたという。旅行先として北米、南米、 欧州、そして日本などを訪れていた。




八嶋湿原の池塘 湿原の花にとまるチョウ
HOME