八ヶ岳高原便り

6月1日

高原では、新緑の中でオレンジ色のレンゲツツジが鮮やかなコントラストを見せている。ホトトギスやウグイスの声に混ざって甲高いカッコーの声が聞こえてくる。
6月16日
高原では毎日雨が降ったり止んだりで、山々は雲に隠れて全く見えない。スケッチもできないので屋内で持ってきた本を読み、雨が小休止している間にウオーキングした。高原の一角に 町営の美術館があり、竹下夢二展をやっていた。夢二が活躍した大正時代の作品が多く展示されていた。そのほとんどが女性をモチーフにした挿絵で、中でも着物姿の扇を持った若い 女性の絵に傑作が多かった。丁度同じ時期に作曲家の中山晋平によるレコードや楽譜などが出版されており、夢二はそれらに挿絵を描いている。
6月18日
午前中に山荘を出発して群馬県の草津温泉に行った。地図上では山荘から160キロぐらいだが、北軽井沢から山道のドライブでかなり神経を使う運転を強いられた。草津では、予約して おいたホテルに一泊した。ホテルは丁度湯畑の前にあり、広々としてよく暖まる温泉がある。ホテルから歩いて15分ぐらいのところに西の河原公園があった。公園内の至る所で湯が噴出 していて、足湯スポットが随所にあった。公園の奥まったところに有料の露天風呂があった。さらに先に行くとスキー場を経て草津白根山に達するが、今は噴火の影響で道路は途中で 閉鎖されている。草津に一泊し、翌日関越道経由で神奈川に戻った。
身辺雑記





草津温泉西の河原 松原湖高原の星見が池
HOME