八ヶ岳高原便り

4月28日〜5月5日

4月28日:今年初めて山荘に来た。娘達も合流し、賑やかなゴールデンウイークとなった。早朝に車で出発し、午前中に山荘に到着した。、予め工務店の棟梁に冬期の管理を頼んで おいたので、水回り・床暖房などは問題なく再開できた。午後、大月湖畔で写生した。この季節では湖畔の草木は未だ茂っていないので、スケッチには都合がよかった。対岸のバイブル キャンプからは賛美歌が聞こえ、空にはトンビが鳴きかい中々よい気分であった。29日:皆で野辺山高原の飯盛山(めしもりやま:標高1643メートル)に登った。天文台先の駐車場に 車を駐め、山頂まで1時間半ほどで到着した。最初は険しい樹林帯の登りで途中から展望のよい尾根路になった。山頂からの眺望は素晴らしく、谷を隔てて八ヶ岳や南アルプスの山々が つらなり、彼方には富士山も見えた。駐車場がある平沢から谷を隔てて八ヶ岳連峰が眺められ、眼前の雄大な谷は「フォッサマグナ」と呼ばれる。ドイツ人のナウマン博士が1800年代に この場所に来て命名したと銘文に刻まれてあった。30日:大人達は、昨日に続く山登りで「茂来山」にでかけた。私は、天狗岳の遠望をスケッチした。高原の新緑が昨年より1週間ほど 早く訪れ、サクラも散ってしまった。しかし、美しい新緑を描くことができた。カッコーは未だ来ていなかったが、ウグイスやシジュウカラがしきりに鳴いていた。5月3日:娘達は昨日 それぞれ自宅に戻った。私は軽井沢に行き、大賀ホールで、東京フィル演奏会を聴いた。曲目は、チョン・ミヨンフン指揮で、ベートーベンのコリオラン序曲、歌劇フィデリオから3つの 歌曲、それに運命シンフォニーであった。テノールのペーター・ザイフェルトはドイツ人で素晴らしい声量の持ち主で、「宮廷歌手」の称号を与えられている。4日:昨日に続き、同じ ホールでN響コンサートを聴いた。曲目は、チャイコフスキーのピアノ協奏曲NO.1、同じく第6シンフォニー「悲愴」で、ピアノ独奏は清水和音だった。清水のピアノを聴いたのは数回目 になるが、完璧な技巧にうら内された美しい音色が印象に残った。3,4日は軽井沢追分の民宿に泊まった。2日間共に、知人のN夫妻と一緒にコンサートを聴き、終わってから軽井沢町 内で食事した。5日早朝に軽井沢発自宅に戻った。今度の連休は、賑やかで、且つ芸術を堪能することができた。
身辺雑記

5月12日
絵画クラブの写生会が新宿御苑であり、10人ほどが参加した。好天に恵まれ、講師のコメント後に各自が気に行った場所で美しい新緑を描いた。今回は、秋の展覧会の出展の準備でも あった。私は、昨年と同じく、池を隔てた「台湾亭」を描いた。真夏のような暑さに閉口したが、何とか中塗りの手前まで描いた。3時頃から新宿門近くで講師による講評があった。 それぞれの絵について、自宅で仕上げる際の注意点が伝えられた。




松原湖高原より八ヶ岳遠望 飯盛山より南アルプスを望む
HOME