八ヶ岳高原便り


身辺雑記

3月7日
乃木坂の国立新美術館で開催中の「至上の印象派展:ビュールレ・コレクション」を見た。18世紀から20世紀に至る印象派画家の作品64点が展示されていた。クールベ、モネ、 マチス、セザンヌ、ルノワールなどの作品が並び、見応えがあった。グアルデイやカナールが描いたヴェネツィアの風景は数年前に訪れた街の印象と余り変わってなく、懐かしかった。 ルノワールが描いた「可愛いイレーヌ」もあった。この絵は何回見ても心が安まる。印象派の作品らしく光線を生かして肌の色を美しく描いている。よく見ると、血管が青く浮き出て いる。NHKテレビの「日曜美術館」でこの絵にまつわる歴史について解説していた。この絵のモデルとなったのは裕福な銀行家の令嬢イレーヌで当時8歳であった。第2次大戦中にナチスが この絵を没収し、ゲーリングが所有していたが、ドイツの敗戦で長い間行方不明であった。ところが、偶然にも再発見されて南仏に住んでいた93歳のイレーヌのもとに戻された。イレーヌ はこの絵を実業家ビュールレに売り、彼のコレクションに加えられた。なお、イレーヌは結婚後2人の娘を育てたが、娘がユダヤ人と結婚したために娘の家族は強制収容所に送られ、再び 戻ることはなかった。このコレクションは、日本での展示が終わるとすべてスイスのチューリッヒ美術館に寄贈されるとのことである。
3月22〜28日
「スペイン8日間」というツアーに参加し,スペイン国内を駆け足で一周した。概要は、「折々の記」のページに書いた。




相模原公園のウメ 相模原公園の早咲きザクラ
HOME