八ヶ岳高原便り


身辺雑記

2月2日

混んだ電車に乗り合わせ、運悪く事故に遭うという経験を初めて味わった。夜9時過ぎ、三越前から地下鉄を乗り継いで代々木上原に出て小田急線の急行に乗り換え、電車が百合ヶ丘 駅近くの踏切上でヒトと接触して急停車した。停車直前にガツンという音がした。急停車後乗務員が対応し、20分ほどしてから救急車と消防車、それにパトカーが来た。救出後に現場 検証が行われ、やっと電車が動き始めたのは事故から1時間15分ぐらい経過してからであった。その間、立ちっぱなしで足がすっかりしびれてしまった。座っている人たちには若い 女性が多く、ひたすらスマホを操作していた。電車は百合ヶ丘駅に臨時停車して気分を悪くした人々を降ろした。10人くらいの人たちが担架で待合室まで運ばれた。百合ヶ丘駅に15分ほど 停車してから電車はようやく動きだし、11時半頃に相模大野駅に着き、そこで運転打ち切りとなった。そこから先に行く人々が大勢、次の電車を待っていた。私は車内から家族に電話して 相模大野まで迎えに来て貰った。帰宅したのは12時過ぎだった。今回の事故については、車内アナウンスで「車外に出ないで下さい」の繰り返しで、詳しいことは分からなかった。ただ、 外の道路を多くの救急隊員や警官が走っていたのが目撃された。小田急線は、登戸まで複々線となり、運行効率も大幅に向上されたが、そのしわ寄せが登戸から先の区間に来ているようだ。




北公園のウメ 北公園の梅林
HOME