八ヶ岳高原便り


身辺雑記

2018年1月8日

ある旅行社が募集した群馬県草津温泉2泊3日旅行に参加した。草津を訪れたのは1965年頃に万座からのスキーツアー以来で50年以上も昔である。その頃は、スキーは自称「中級」で 、振り子沢コースを下った。途中に天狗の壁という難所があったが、どうやって越えたのか全く覚えていない。今はまったくスキーから遠ざかってしまった。今回、草津では湯畑前の 老舗ホテルに泊まった。湯畑では、今でも70℃の源泉がわき出ている。かって徳川家康が秀吉のすすめで、このお湯を江戸城まで運ばせたという。有名な「湯もみ」をやっていたので 体験してみた。長い板でお湯をかき混ぜて泉温を下げるのが目的で、水で薄めると泉質が変わってしまうのでゆもみをするという。湯畑から15分ほど歩くと、西の河原というところが あり、至る所から湯がわき出て、最奥に外湯(露天風呂)があった。西の河原に行く途中、片岡鶴太郎記念館があった。画伯(俳優)の作品が多く展示されていた。画伯が絵を描き始 めたのは30代で、椿をうまく描きたいと思ったのが動機となったという。毎年1月、草津のホテルで茶会を催すのが恒例になっている。毎朝目覚めたとき、1日の計画を考えるのが楽しみ ということを書いた色紙が展示されていた。




   
過去のページ
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
2017年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月
HOME