八ヶ岳高原便り

12月16〜17日

軽井沢の大賀ホールで開かれた鈴木雅明指揮バッハゾリステンのメサイア演奏会を聴きに行った。この演奏会は毎年この時期に行われ、隣家のN夫妻と行くのが恒例となっている。 今回、私は念願の小海線経由で行き、車を利用したN夫妻と会場で落ち合った。中央線の小淵沢で小海線に乗り換えて左久平まで行き、そこで新幹線に乗り換えて次駅の軽井沢で降りた。 各駅停車の小海線区間は2時間かかったが、車窓の眺めがよく社内はローカル色豊かで飽きなかった。野辺山駅の手前では、「JRの国内最高地点を通過中」との社内アナウンスがあった。 演奏会場は満席で、独唱はソプラノの森麻季やカウンターテナーが素晴らしい音色を聴かせてくれた。カウンターテナーはスイス系のアメリカ人で、主にバロック音楽のオペラや演奏会 で活躍している。かってウイーン少年合唱団に所属していた。いつも感じるが、中規模の大賀ホールはメサイア演奏には適している。ハレルヤコーラスのところでは、オーケストラの 後席の数名の観客が立ち上がって聴いていた。アンコールは、曲名のアナウンスがなかったが、教会カンタータらしい曲を20人ほどの合唱団がアカベラで歌ったがこれも素晴らしかった。 演奏会後、駅近くのフレンチレストランで食事し、別荘に泊まるN夫妻と別れ、私は追分の民宿に泊まった。翌朝は一面の銀世界だった。雪の追分宿を歩くのは初めてだった。雪かきして いた地元商店の主人と短い会話をかわした。今朝は風が弱いので普段よりは過ごしやすい、と言っていた。追分からしなの鉄道に乗り、軽井沢で新幹線に乗り換えて大宮経由で帰宅した。

身辺雑記

12月26日

横浜のみなとみらいホールで、年末恒例の日本フィル第九演奏会があり聴きにいった。この演奏会は、日本フィルの桂冠名誉指揮者である小林研一郎(コバケン)が振るので人気があり、 いつも満席である。今回のソリストは、安藤赴美子(ソプラノ)、山下牧子(アルト)、錦織健(テノール)、青戸知(バリトン)であった。合唱は日フィル専属の合唱団で、総勢200人 のコーラスは迫力があった。第4楽章の独唱とコーラスの掛け合いも聴き応えがあった。この曲の初演の時、ベートーベンは完全に聴覚を失っており、補助指揮者の助けを借りて指揮した という。




雪の追分宿 冬の大賀ホール
 
過去のページ
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
2017年 1月 2月3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
HOME