八ヶ岳高原便り

10月8〜10日

3連休を1日ずらせて山荘にきた。八ヶ岳高原道路は川俣渓谷を「赤い橋」で渡るが、このところ気温が高めだったので紅葉は今ひとつだった。それでも、渓谷の彼方に聳える 八ヶ岳の眺めは素晴らしかった。松原湖高原では、木々が色づきはじめて秋たけなわであった。マレットゴルフ場から天狗岳を遠望するお気に入りの場所でスケッチした。

身辺雑記

10月11日

サントリー美術館で開催中の狩野元信展を見に行った。狩野元信は、室町時代から長期間我が国画壇の中心であった「狩野派」の二代目である。この「狩野派」は狩野家を 中心とする絵師の集団で、その始祖が正信である。元信は正信の息子であり、すぐれた技能を持ち、その作品は狩野派集団のなかでも高い評価を得ていた。狩野派は幕府の御用絵師 となり日本絵画史上最大の絵画集団となった。元信は中国系絵画の要素に「やまと絵」の要素も取り入れて、襖、屏風、絵巻、扇絵、風俗画などの分野にもすぐれた作品を残している。 今回は、それらの作品の中から100点ほどが展示されていた。その中に、有名な「四季花鳥図:京都大仙院蔵」があった。ボタンや松、岩と共に雉などの鳥を配している。墨だけでなく、 数種の絵の具も使用していた。




川俣渓谷と八ヶ岳 秋の松原湖高原
HOME