八ヶ岳高原便り





身辺雑記

9月9日

水彩画クラブの集まりが明大前の教室であった。今回のモチーフは、珍しくビーナスの石膏像(首から上部)を描くことになった。像を中心にして、 周囲に果物や花をあしらったもので、主役のビーナス像はいままで描いたことがなく、かなり難しかった。講師によると、顔面像を描く場合、正面より少し傾けて描くのがよく、 横顔は避けるようにとのことであった。3時間半ほどで何とか描き上げたが、初めてにしては何とか女性らしさを表現することはできた。

9月20〜24日

水彩画クラブの展覧会が新宿御苑正門入り口のアートギャラリーで開かれた。ここは、昨年までの会場と比べて知名度と交通の利便性にが優っており、5日間で1500人ほどの人が 見に来てくれた。ここの管理は環境庁が行っており、利用料は無料であるが審査が厳しく出品作品には自然を愛するモチーフに加え、ある程度の品格と非宗教色などが求められる。 また、入場者数も厳しくチェックされる。今年の実績を見て、来年の使用が認められる。出品作品の1部を水彩画のページに紹介した。




ギャラリー外観 ギャラリー
HOME