八ヶ岳高原便り

8月13日

孫たちを乗せて早朝に出発したが、圏央道の途中から渋滞で、山荘到着は午後1時過ぎになってしまった。いつもより2時間ほど余計にかかったが、先着していた親達と合流した。 親達は、前日蓼科山に登ったという。ただ、曇り空で山頂からは何も見えず直ぐ下山したようだ。とにかく、娘たちのファミリー合わせて9人が狭い山荘に寝泊まりした。夕方には バーベキューで賑やかに歓談した。山荘を建てるとき、大工さんのすすめでベランダに屋根を付けたのは正解で、今夜のように小雨でもバーベキューには差し支えなかった。高原は、 標高が1200メートルほどで、真夏でも夜間の気温は20度程度で過ごしやすい。

8月14日

今日も雨が降ったり止んだりという天候だった。昼頃雨が止んだので、皆で松原湖畔を半周した。湖畔にある「松原諏方神社」は10世紀中頃に創建された由緒ある神社で、下社と 上社に分かれている。諏方神社では、毎年春に子供歌舞伎が行われる。夜は小海駅前の料理屋で恒例の中嶋会が開かれ、中嶋さんに山荘を建てて貰ったオーナーなど30人ほどが会食 した。この会も29回目となり、オーナー達もほとんど代替わりして、2世となった。中嶋棟梁も息子さんに業務の大部分をまかせ、自身は手がけた山荘の維持管理の仕事の多くを 担当している。中嶋会にはいろいろな経歴の人たちが集まり、有益な情報交換ができる。会の最後には恒例となったビンゴゲームがあり、散会時には中嶋家で栽培されたトウモロコシ、 ジャガイモなどの夏野菜が配られた。

8月15日

午前中、久しぶりに娘達のファミリーと共に八ヶ岳倶楽部に出かけた。お盆休みで、倶楽部はたいそう賑わっていた。ギャラリーでは、高泉幸夫水彩画展が開かれていた。 透明で美しいバックをどのように描いているのか、居合わせた画家に聞いてみたところ、水ぶきした画用紙にバックを描いたものを多数用意しておき、その上に直接モチーフを描いて 着彩しているとのこと、デッサンは通常は行わない。バックは、構想が浮かんだときに直ぐに作成するようである。お礼に小さい作品を1点買い求めた。丁度オーナーの柳生博氏もいて、 一緒にに写真に収まってくれた。

中嶋会のメンバーの一人であるK氏は佐久市野沢北高の卒業生であるが、この高校の同窓生と在校生による絵画展(岳澄展)がこの時期に開かれる。そこで、午後会場の野沢会館に行った。 水彩、油彩、アクリル、日本画など104点の多彩な出展があり盛会だった。K氏は、かって登った北アルプスの山嶺を力強いタッチの油彩で描いていた。K氏は、高校時代に作家の井出 孫六と机を並べていたという。井出孫六の近著には、「終わりなき旅:中国残留孤児の歴史と現在、岩波現代文庫」がある。

身辺雑記

8月12日

水彩画クラブの会合が明大前の教室で開かれた。今日のモチーフは夏野菜で、トウモロコシ、カボチャ、キュウリ、トマトなど賑やかだった。背景には、花瓶に活けたサトイモが あった。多くの材料をどのようにまとめるか、構図が決め手になると講師から説明があった。





夏の松原湖(2017年8月) 松原湖畔諏方神社(2017年8月)
HOME