八ヶ岳高原便り

5月2日

明日からの連休を控え、高原は賑やかになった。多くの山荘で、人の姿が見られた。知り合いの人の話では、この高原の人気が高まっているという。 温泉が開業してから土地や空き家の照会が増えたらしい。5月になって、高原の木々も芽吹いてきた。オオルリ、シジュウカラ、ウグイスがしきりに鳴いていて、 夕方にはフクロウの声も聞かれた。来月になると、カッコーの甲高い声も聞けるであろう。

5月6日

軽井沢大賀ホールでピアニスト辻井伸行の演奏を初めて聴いた。オケは東京フィルで、ショパンのピアノコンチェルト1番を弾いた。この曲は他のピアニスト による演奏を何度も聴いたが、今回の演奏は実に美しい音色で、同じ曲でも演奏者こよってこうも違うのかと思った。アンコールでは、ショパンのノクターン 8番を弾いたがこれも限りなく美しい演奏だった。このホールは、大きさは中規模だが音響効果が抜群によい。プログラム最後のベートーベン7番シンフォニーでは、 音が響きすぎる感があった。

身辺雑記

5月7日

パソコンをVistaからWin10に切り替えたのに伴いこのホームページもWin10上でアップしようとしたがうまくいかなかった。そこで、プロバイダーに電話して 遠隔操作で指導してもらい、アップロードに成功した。「ファイルの保存先」が間違っていたらしい。専門のスタッフが家庭訪問することなく、私のパソコン画面を 見ながら指導してくれるので、大変便利なシステムである。

5月23日

絵画クラブの講師の展覧会が横浜市瀬谷区にある「長屋門公園」で開かれているので見に行った。この公園は、相鉄線の三ツ境駅から北へ歩いて25分ほどのところに あり、住宅街から田園地帯に入る境界あたりの自然林の中ににあった。元横浜市泉区にあった旧家を解体、移転、復元したもので、母屋、文庫、水や、穀蔵などからなっており、 作品展は穀蔵の中に約30点が展示されていた。この旧家は、元禄8年(1695年)から続いており、現当主から市に寄贈された。穀蔵は、以前穀物が保存されいたためか、温度、 湿度がよく保たれていて、絵の展示場所としては好適である。作品は、風景画が多く、風雅な公園の雰囲気にふさわしいものであった。

5月29日

乃木坂の新美術館で開かれている「ミュシャ展」を見にいった。予め聞いてはいたが、平日にもかかわらず入場待ちの列が館の庭に延び、約80分ほど並んでやっと入れた。 しかし、待った甲斐があり、「スラブ叙事詩」20枚の作品は素晴らしいものであった。ミュシャ(1860〜1939)は、チェコの代表的なグラフィックデザイナーで、晩年の 18年間、アトリエにこもって壁画サイズの一連の作品「スラブ叙事詩」20枚を描き上げた。これらは、スラブ民族の伝承、神話、歴史を題材にしたもので、スラブ民族と オスマントルコやローマ帝国軍との戦いなど戦争場面を描いた作品や、王族の戴冠式、牧師の説教などをモチーフにした作品が多かった。これらの作品は、プラハ市立美術館 の至宝であったが、今回初めて日本にやってきた。これらの作品から、絶えず他民族の侵略にさらされたスラブの人々と島国である日本との対比を考えないわけにはいかなかった。




5月の大月湖(2017年5月) 大賀ホールのシダレザクラ(2017年5月)
HOME