八ヶ岳高原便り


身辺雑記

2017年1月7〜12日

1月7日から、ある旅行社による「ベトナム北部・カンボジアを巡る アンコール遺跡・ハロン湾世界遺産ツアー」に参加した。アンコールワットは、以前から一度は見たいと思って いた。それに水彩画のモチーフとしても興味があった。日程は、以下の通りであった。
第1日目:成田発9:30のベトナム航空便でベトナムのホーチミン着13:50、 そこで乗り換えてカンボジアのシェムリアップ着17:30頃到着した。日本との時差はマイナス2時間だが、エキゾチックな雰囲気のシェムリアップ空港に着いた時は夕闇が迫っていた。 この日は市中のホテルで1泊した。
2日目:城壁都市アンコール・トムの南大門から入り、広大な遺跡内を主に専用車で回った。その後一度ホテルに戻って休憩 後、至宝アンコールワットの建築群をじっくり鑑賞した。アンコールワットは、アンコール・トムに接しているが、トムよりも狭く徒歩見学だった。急な階段の上り下りには苦労した。特に、 第三回廊へ向かう階段では手すりにしがみつきながらの昇降であった。アンコールワットは、王様が居住し、施政する場所として9世紀に建設され、遺跡の壁には仏教の経典を題材 にしたストーリーが彫られている。この彫刻も素晴らしい。また、「象のテラス」では、宮殿前の広々とした庭に象が彫られたフェンスが約200メートルにわたって続いていた。当時、王様 の乗り物は主に象であった。
3日目:アンコール遺跡群のバンテアスレイ遺跡および木の根で覆われた神秘のタ・プロム寺院を見学した。タ・プロム寺院では、遺跡 が樹齢600年の巨木の根の間に挟まっており、根の間から仏像彫刻が覗いていた。その後、オールドマーケットに行き、お菓子、民芸品などを買った。バイクが走り回るマーケット内を 歩くのに苦労した。カンボジアでは、1人1台はバイクを持っており、無免許で運転できる。その後、空路ベトナムのハノイに向かい空港からバスで3時間半ほどのハロン湾に行き、ホテル にチェックインした。
4日目:専用船でハロン湾を周遊した。世界遺産のハロン湾は、太古石灰岩の台地が雨水で浸食されてできたという。美しい湾内を6時間 ほどかけて回り、途中大鍾乳洞や展望台のある小高い島で降りて見学した。湾内クルーズ後、バスで市内の劇場に行き、ベトナム伝統芸能の「水上人形劇」を観賞した。竿の先に 付けた人形を、ストーリーの展開に合わせてヒトが垂れ幕の影から操作して水上で演技させる仕組みになっていた。その後、レストランでベトナム料理を食べ、ホテルに戻った。
5日目:ホテルで朝食後、バスで約4時間かけてハノイへ行き、バッチャン焼きの工房、ホーチミン廟、オールドマーケットなどを見てから空港に行き、ハノイ発 0:45のベトナム航空便で成田に向かい、6日目の早朝に帰国した。カンボジアとベトナムの遺跡群、風光明媚なハロン湾などを見学し、現在の両国の暮らしも垣間見ることが できた有意義な旅であった。





アンコールワット(2017年1月) ハロン湾(2017年1月)
HOME