八ヶ岳高原便り

11月20日

高原は紅葉も終わり、冬が近づいている。カラマツも葉を落とし、道端に落ち葉のじゅうたんができていた。屋外の気温は、明け方には氷点下になるので、放置すると、水道管 やボイラーなどが凍結してしまう。そこで、来年の4月上旬までは来ない積りで、工務店さんに23日に「水止め」を頼んだ。以前は自分で水止めをしていたが、完全に行うのは大変で、 ウオッシュレットやボイラーの故障が頻発していた。



身辺雑記

11月14日

乃木坂の国立新美術館で開催中の「日展」を見に行った。長い歴史の日展であるが、審査の不透明さが問題となって改組されてから今回が3回目となる。例年の通り、 洋画を中心に観賞した。洋画だけで26室もあって、全部見て回るのは大変だった。多くの作品中、印象に残ったのは「池田清明:青衣のバイオリニスト」、「錦織重治:焼岳」、 「杉森企観明:カサブランカのある静物」などであった。なかでも、池田作品のモデルには凛とした品格が感じられた。錦織作品の焼岳は雪と岩とのバランスが際立ち、荒々しさが 印象的だった。会場で配布された「日展ニュース」には、審査員のコメントが掲載されていた。最近は、電子媒体を通じて多くのイメージが得られるので、特に若い人の作品にはそれが 感じられるそうである。

11月27日

京都の同志社大近くの相国寺で開催中の「若冲展」を見た。伊藤若冲は、江戸中期の1716年に京都錦小路の青物問屋の長男として生まれた。父の死後、家業を 継ぎ、商家の主人となったが、やがて家業を弟に譲り画家としての道を歩んだ。若冲は、生涯の師と仰ぐ相国寺禅僧の大典顕常の影響を受けながら画業に専念し、数多くの 花鳥画を描いた。その中には、今回の相国寺展で公開された「動植綵絵」30幅も含まれる。若冲の絵は、狩野派の伝統的な画法と中国の写実画法が合わさった独特な作品で、 豊かな色彩と細密な描写に感心した。若冲は、生涯妻子を持たずに画業に専念し、85歳で京都石峰寺の庵で永眠した。




晩秋の高原(2016年11月) 晩秋のシラカンバ林(2016年11月)
HOME