八ヶ岳高原便り

10月24日

山荘に行く途中、川俣渓谷の紅葉を見るため清里から八ヶ岳高原道路に入った。紅葉は丁度見ごろで、名物の「赤い橋」から八ヶ岳まで延びる渓谷美は見事だった。 展望台はカメラを持った大勢の人たちで賑わっていた。

10月25日
昨日と打って変わり、雨模様の寒い日だった。写生を諦め、小諸南部にある海野宿にいった。海野宿の歴史は古く、最初の記録が奈良時代の正倉院御物に見られる。古代の 豪族海野氏発祥の地で、平安から鎌倉、戦国期にわたって本領であった。木曽義仲挙兵の折はその重臣となった。やがて、武田氏の侵攻で宗家は途絶え、名跡を真田家が 継承した。海野宿入り口にある白鳥神社所蔵の古文書には、海野氏、真田氏の系図があり、真田幸村の名前もある。真田昌幸の上田築城で海野は北国街道の宿場町と なった。明治に入り、宿場制度が終わると、この地では養蚕業が栄えた。現在は、往時の街並みが保存されており、昔にタイムスリップしたような雰囲気が味わえる。
身辺雑記





錦秋の川俣渓谷(2016年10月) 海野宿(2016年10月)
HOME