八ヶ岳高原便り

8月10日
昨日正午前に相模原を出て、山荘には3時頃着いた。

8月11日
朝食後、娘ファミリーと一緒に八嶋湿原に行った。今年は従来と違う麦草峠超えのルートを選んだので、白樺湖周辺の複雑な地理に惑わされ、無駄な時間を費やしてしまった。湿原に来たのは 4年ぶりで、花と池塘のルートを約90分かけて一周した。ヤナギランの群落も以前と変わらず、我々の目を楽しませてくれた。ヤナギランの他にも、ツリガネニンジンン、ハクサンフウロ、 オミナエシ、ベニバナシモツケソウ、カワラナデシコなど色とりどりに咲き乱れていた。帰りは分かりやすい和田峠超えのルートを選んだので2時間弱で山荘に戻った。
8月12日
八ヶ岳の山々には雲がかかっていて山容がぼやけていたので、高原のリエックス教会をモチーフとして絵を描いた。この教会は何回も取り上げているので、今回は違うアングルから白樺の 木々を前景に入れて描いた。
8月13日
長湖畔の小高い丘にあるヤルビーホールでの「松原湖高原アンサンブル」演奏会を聴いた。曲目は、ベートーベンのヴァイオリンソナタ第9番「クロイツエル」、ボロデインのピアノ 五重奏ハ単調、およびモーツアルト弦楽五重奏曲第4番、ト短調だった。例年通り、元サンフランシスコ交響楽団員でサンフランシスコ在住の服部秀文氏が解説した。「クロイツエル」は、 ベートーベンがクロイツエルに献呈したとされるが、実はブリッジタワーに献呈したものであった。ヴァイオリンを弾いた亀井由紀子は、都立駒場高卒業後渡米して、ハイフェッツの日本人 初の弟子となった。現在、サンフランシスコ響の第一ヴァイオリン奏者。ボロデインが化学者であることは知っていたが、このピアノ五重奏曲は初めて聴いた。この曲はイタリアへ旅行中 に作曲したもので、作曲指導を受ける前の作品である。ボロデインには、もともと作曲のイメージや能力が備わっていたことになる。
8月14日
夜、恒例の中嶋会が小海駅前の桔梗屋で開かれた。この会は、地元のなかじま工務店が建てた山荘のオーナー同士の集まりで、オーナーとその家族が約20人と中嶋夫妻と家族 が10人ほど集まった。オーナーは、様々な経歴の持ち主で面白い話を聴くことができた。高原で畑を借りて農業を始めた人もいた。中嶋夫妻の長男は後継ぎとなり、工務店社長 として活躍している。中嶋棟梁は社長を補佐する傍ら、オーナーの山荘の管理を引き受けている。
8月15日
中嶋会のメンバーでもあるK氏に誘われて、佐久市ある野沢会館で開かれている「岳澄展」を見に行った。この絵画展は、旧制野沢中学校の卒業生による習作展で、絵画のほか に彫刻、工芸品なども展示されていた。K氏は、ユリの花をモチーフにした作品を出品していた。K氏は中学時代、作家の井出孫六と席が隣り合わせだったという。
身辺雑記





八嶋湿原の池塘(2016年8月) リエックス教会(2016年8月)
HOME