八ヶ岳高原便り

7月17日
朝から曇り空だったが、正午近くに晴れてきたので、久し振りに写生をした。5月に来た時に途中までスケッチした絵に続けて着彩した。季節は多少ずれたが、描き慣れた場所 なので問題なかった。

7月18日
7月中旬を過ぎたが、高原は未だ梅雨が明けていない。天気は曇りがちで、時々晴れ間がのぞき涼しい。木々の緑は一段と深まり、カッコー、ホトトギスがしきりに啼いている。 高原では、過去1年間で新しい山荘が数戸建てられた。何れも瀟洒な建物で、見栄えがよい。反面、人気のない古い建物も見られる。ここでも世代交代が進んでいるようである。 午後、浅間山の絶好の展望場所である愛宕山公園に行った。あいにくの曇り空で、浅間の中腹から上は雲に隠れていた。公園では萩が満開で、ピンクの花がさながら滝の様に 咲き乱れていた。
身辺雑記

7月12日
日本武道館で行われた「サラ・ブライトマン リサイタル」を聴きに行った。サラ・ブライトマンは世界最高の歌姫といわれ、日本でも絶大な人気を集めている。以前、欧州の教会で のリサイタルをテレビ中継で見たことがあり、一度生の声を聴きたいと思っていた。今夜のプログラムは、NHKドラマ「坂の上の雲」のメインテーマに歌詞を付けた曲から始まり、最後を 「time to say goodbye」で締めくくった。アンコールでは、オケの指揮者がピアノを弾き、サラがオケを指揮した。その後、2曲ほど歌った。最後は聴衆が立ち上がり、 手拍子が鳴りやまず、ライトがついてお開きとなった。今夜のようなライブ公演は初めてであったが、オーケストラによる通常のコンサートとは全く異なる雰囲気であった。なお、今夜の コンサートでは、男性歌手二人と女性ジャズピアニストが賛助出演した。男性歌手の一人はカンターテナーで、素晴らしい歌唱力を披露してくれた。




7月、高原の道(2016年7月) 緑に囲まれた山荘(2016年7月)
HOME