八ヶ岳高原便り


身辺雑記

6月18日
軽井沢の大賀ホールでの五嶋みどりバイオリンコンサートを聴きにいった。当初、コンサート後に八ヶ岳山荘に行く予定であったが、都合により日帰りの強行軍となった。朝は立川発 8時前の高速バスに乗り、軽井沢には正午少し前に着いた。軽井沢の駅前から旧軽銀座に至る道は新緑が美しかったが、真夏並みの暑さで人々は日陰を選んで歩いていた。 コンサートに先だって30分ほどのプレトーク(インタビュー)があった。五嶋みどりは、10歳で渡米し、11歳でニューヨークフィルと共演した。今や欧米で最もポピュラーな音楽家の1人 として親しまれている。現在、南カリフォルニア大ソーントン音楽校で特別教授に就任しており、ロサンジェルスに住んでいる。演奏で世界中を飛びまわっているが、その一方でNPO 法人「ミュージック・シェアリング」での活動により世界の子どもたちに音楽を届けている。本日のプログラムは、リスト作曲「ヴァルス・カプリース第6番」、その他モーツアルト、クライスラー、 シューベルトの曲で、計1時間の濃密な内容であった。五嶋みどりのコンサートでは、プログラムは通常1時間となっているとのことである。




相模原市北公園のアジサイ(2016年6月)
HOME