八ヶ岳高原便り

2016年5月2日
朝、相模原を出て昼前に高原に着いた。山荘は冬の間クローズしていたが、先月中旬に管理を依頼していた工務店が水関係の再開をしてくれた。松原湖高原にもようやく緑が 目立つようになってきた。桜も満開となり、新緑の中で、赤やピンクの桜花が色どりを添えている。カッコーはまだだが、ウグイスが美しい音色を聴かせてくれた。高原で2時間ほど スケッチした。夜遅くなって、娘のファミリーも合流して賑やかになった。

5月3日
軽井沢の大賀ホールで開かれた「春の音楽祭」コンサートを聴きにいった。午前中に車で追分に行き、時々泊まるペンションに車を置いてから追分宿を通って信濃追分まで50分 ほど歩いて電車で軽井沢に行った。連休中は国道が混雑しており、車で行く方が楽である。演奏会の曲目は、ベルデイの「運命の力」序曲、チヤイコフスキーのピアノ協奏曲No1と 第4シンフォニー、ピアノは小山実稚恵、オーケストラは東京フィル、指揮はイタリア人のアンドレア・バッテイストーニであった。小山のピアノは力強く、優雅で素晴らしい熱演だった。 アンドレアの指揮ぶりは大変エネルギッシュで、指揮台上でとびはねるほどだった。軽井沢では、Nご夫妻と一緒だった。夫人は、バイオリニストである。

5月5日
昨日の朝食後、松原湖高原に戻った。娘ファミリーが帰ったので、急に静かになった。町立美術館で、「山下 清作品展」をやっていたので見に行った。山下作品を実際に見たのは 初めてである。作品は全て貼り絵である。有名な隅田川の花火大会をテーマにした作品もあった。絵具を使わないでこのような精緻な作品を作る技術に感心した。山下 清と 同じ施設に入っていた若いてんかん患者の作品も展示されていた。当時はよい治療薬がなくて、皆短い生涯で終わったが、それなりの作品を描きあげていた。これら作品と共に、 現在も千葉県市川市にある施設の創始者やスタッフの方々のエピソードや写真なども展示されていた。施設の運営には並々ならぬ苦労があったようである。


身辺雑記




高原から望む八ヶ岳(2016年5月) 高原の春(2016年5月)
HOME