八ヶ岳高原便り


身辺雑記

2016年4月2日
東京オペラシテイコンサートホールで日本フィルの演奏会を聴いた。プログラムは、ショパンのピアノ協奏曲No1とブラームスの交響曲第1番だった。マエストロの西本智実は、世界的に 活躍している指揮者で、2004年ニューズウィーク ジャパンで、「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれており、2015年G7サミット政府広報誌では国際的に活躍している 日本人として起用されている。ソリストの萩原麻未は、広島県出身の若きピアニストで、第65回ジュネーブ国際コンクールで日本人として初めて優勝している。今日は、とくに 第2楽章では限りなく美しい旋律で聴衆を魅了した。ブラームスの1番は、迫力ある演奏だった。会場は満席だった。

4月8日
8日から、美大の大学院に在籍している孫娘が銀座のギャラリーで二人展を開催する。「景色をつくる」というテーマでアクリル画十数点を出展した。アマチュアの筆者とは 違い、プロの卵なので絵は全て販売するという。写生ではなく、パソコンに取り込んだ多くの画像を見ながらイメージを膨らませて描いていた。新聞社からも取材にきたという。 展示会は終了したが、10点ほどの作品が売れたとのこと。

4月24日
成城管弦楽団の定期演奏会が府中の森芸術劇場で開かれた。知人が楽団のバイオリン奏者なので、聴きにいった。曲目は、ワーグナーのローエングリン前奏曲、ベートーベンの 「皇帝」(ソリストは石岡千弘)、チャイコフスキーの第5シンフォニーだった。成城オーケストラの演奏会には時々聴きにいっているが、今日の演奏は特に聴き応えがあった。チャイコフス キーの第五では、弦、管ともによく揃っていて、主題の流れを美しく表現していた。皇帝では、ピアノの演奏もよかったが、オケもピアノとよく合っていた。10年前と比べると、オケの技量 はかなり進歩していることが分かった。




相模原の桜並木(2016年4月) 相模原の桜並木(2016年4月)
HOME