八ヶ岳高原便り


身辺雑記

2016年3月16日
島根県松江市の島根大学で開催された第41回農薬学会に参加した。学会は明日から3日間開かれるが、今日は新幹線の姫路で途中下車して姫路城を見学し、再び新幹線 で岡山に行き、伯備線特急に乗り継いで松江着は夜になった。姫路駅を出ると、前方に白亜の姫路城が美しい姿を見せていた。城までは歩いて15分ほどであるが、入場料千円 を払ってから天守閣の最上階までの上り下りに40分ほどを要した。城は、高さ52メートルで五層から成っている。上に行くほど階段が狭く、勾配が急になり、老体にはこたえた。しかし、 最上階からの眺めは素晴らしかった。天守閣からの下りは、立ち往生する人もいて上りよりも更に難儀であった。城門から城内に入るまでと城内の随所に関門と狭間(さま)が設けら れていた。狭間からは鉄砲や矢を放って敵を防いだという。姫路城の白亜の外壁は、白漆喰総塗籠造(シロシックイソウヌリゴメヅクリ)と呼ばれている。
2016年3月17〜19日
学会初日は、駅から歩いて10分ほどのくにびきメッセで総会、受賞講演などが夕方まで開かれ、その後宍道湖畔のホテル一畑に移動して懇親会が開かれた。翌日から2日間、 島根大でシンポジウム、一般講演などが開かれた。松江は交通が便利とはいえないが、それでも450名ほどが学会に参加し、演題数も例年並みであった。筆者は時間の関係で 参加できなかったが、初めての企画として、「農薬をよく知ってもらうための情報伝達」というテーマでシンポジウムが開かれた。





姫路城遠望(2016年3月) 姫路城入り口(2016年3月)
HOME