八ヶ岳高原便り

11月23日
昨日、山荘に来た。連休中なので、温泉は賑わっていた。ヒトが来ている山荘も見受けられた。雪が降る前に改修や新築工事を急ぐ工務店の人々も見受けられた。町としては、 高原への移住者や滞在者を増やすため、既存の山荘の利用状況の調査を始めた。利用者を増やすため、余り利用されていない山荘の買い取りを進めている。 高原では、カラマツやシラカンバなどの木々はすっかり葉を落とし、晩秋の気配が濃い。だが、例年よりは気温が高めなので、八ヶ岳の山々には雪は見られない。
11月24日 来春まで、山荘をクローズすることになった。高原の冬も魅力は多いが、水系の管理が大変なのでそれなりの料金を支払い、後の管理を工務店に依頼した。
身辺雑記






葉を落としたシラカンバの林(2015年11月) 高原の道、晩秋(2015年11月)
                          
過去のページ
2011年 1月 2月 3月4月 5月 6月7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月3月 4月 5月6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月2月 3月 4月 5月6月 7月 8月9月 10月 11月12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月7月 10月12月
2015年 1月 3月4月5月 6月 7月 8月 9月10月11月
HOME