八ヶ岳高原便り

2015年5月1日
5月に入り、高原の桜もようやく満開となった。みずみずしい新緑と桜の織りなす風景を見ながらウオーキングをするのは楽しい。連休とあって、冬の間は閑散としていた家々にも 家族連れの姿が見られた。
5月3日
軽井沢大賀ホールで開かれたウイーン少年合唱団コンサートを聴きに行った。追分に山荘があるN夫妻と蕎麦屋の駐車場で待ち合わせ、1台の車に同乗して大渋滞の中を 何とかホールに辿りついた。苦労した甲斐があって、演奏会は素晴らしかった。曲の前に少年が代わる代わる題名などを日本語で説明してくれた。また、地元の少年少女合唱団との 共演で、「花は咲く」、「ふるさと」などを合唱した。ウイーン少年合唱団には幾つかのグループがあって、それぞれ分担して世界各地を回っているとのことであった。
身辺雑記

5月19日
東京都美術館で開かれている「大英博物館展ー100のモノが語る世界の歴史ー」を見た。大英博物館の膨大なコレクションの中から、100点を選び出してそれらの由来、時代 背景などを解説していた。最古の作品(No.1)は人類が作った最古の道具で、「礫石器」と名付けられたモノ。タンザニアのオルドヴァイ渓谷で発見されたもので、200万〜180万 年前の作品といわれる。動物を処理するのに使われたらしい。最新の展示品(No.100)は、中国製の「ソーラーランプと充電器」で、太陽光に8時間晒すと、ランプを100時間 点灯でき、未だ電気がきていない地域の子どもたちがこのランプで夜間も勉強できる。そこで、この作品には「すべての人に光を」というサブタイトルが付けられている。100点中、 日本由来の作品は「柿右衛門の象ー陶器ー」と葛飾北斎の木版画(漫画)の2点で、それぞれ由来と時代背景が記載されていた。作品の選択には異論があるかも知れないが、 モノという切り口で人類の歴史を俯瞰した試みは面白い。




松原湖高原の桜(2015年5月) 新緑の松原湖高原(2015年5月)
HOME