八ヶ岳高原便り



身辺雑記

2015年1月10日
みなとみらいホールでの日本フィル演奏会を聴いた。曲目は、小林研一郎指揮で、ウインナワルツとドボルザークの新世界交響曲であった。ワルツでは、ソプラノの天羽敦子がソリスト として春の声、メリーウイドウなどで美しく、よく響く声で歌った。新春恒例の演奏会ということで、ほぼ満席だった。
1月24日
今年最初の水彩画教室が下北沢の会場で開かれ、20名ほどが参加した。今回のモチーフは、デコポン、イチゴ、パイナップルなどの季節の果物だった。果物が横並びにならないよう に配置にアクセントを付けるのに苦労した。写生が終わってから、講師を囲んで新年会が開かれた。高齢化が進み、周囲に旅立つ人が多くなってきたが、絵を描くことは認知症の 予防に役立つのではないかということが話題になった。モチーフの配置や着彩に工夫が必要で、筆遣いで手を動かすことも認知症の予防につながるのであろう。



当麻山無量光寺、一遍上人が1200年代中期にこの地に庵を作った。 その跡を継いで、真教上人が寺を建立し、北条氏の保護の下に発展した。JR相模線原当麻駅近くにある。(2015年1月) 同一遍上人像(2015年1月)
HOME