八ヶ岳高原便り

10月29日
およそ2ヵ月ぶりに山荘に来た。家人が病に倒れ、今回は1人できた。冬に備え、水止めをしなければならなかった。10月下旬でも明け方は5℃近くまで気温が下がるので、水回り でトラブルが起きやすい。果たして、床暖房機が作動しなかった。施工業者に電話してようやく来てくれたのは午後5時過ぎだった。山荘に着いたのは2時頃だったので、それまで 石油ストーブだけでしのいだ。トラブルの原因は燃料ポンプの故障で、15分ほどで動くようになった。
10月30日
高原はまさに錦秋一色だった。色とりどりの木々の間から、山荘が見え隠れしていた。午前中は久し振りに大月湖畔で絵を描いた。黄から紅色に染まった樹林帯の上に青黒い 八ヶ岳連峰が連なっていた。稜線には未だ雪がなかった。刻々と色を変える山々を描くのは難しかった。
身辺雑記

10月1日
今日から5日間にわたって所属する絵画クラブの展覧会が新宿のエステックビルギャラリーで開かれた。この場所での開催はもう5年目となり、毎年恒例となった。今回も34点ほどの 作品が展示された。モチーフは、月例会での作品や国内外の旅行先でのスケッチなど様々であった。私は、松原湖高原にあるカフェを描いた。幾つかの作品は、本ホームページや 日本セカンドライフ協会のホームページにも載せてある。
11月27日
乃木坂の新美術館で開かれている改組第1回目の日展を見てきた。今回は改組されてからの最初の展覧会であり、陳列方法なども昨年と少し異なっていた。日本画と洋画を 中心に見たが、それぞれ二十数室あり見応えがあった。日本画のところで画家が説明しており、説明を聴くとなるほどいろいろな見方があると思った。八ヶ岳連峰の主峰である赤岳 の冬の全容を描いた絵があり、その迫力に圧倒された。新聞紙に広げた魚の絵があった。新聞紙の記事を全部、広告まで含めて精密に描いた絵があり、その精密な描写には 驚いた。また、幾重にも走る線路と電線を精密に描いた絵があった。不思議なことに電車は1台も描かれていなかった。洋画では、母の像と題して100歳前後と思われる人物を 描いた絵があった。母に対する想いがにじみ出ていた。
12月27日
水彩画クラブの今年最後の月例会が下北沢の教室で開かれた。年末の多忙な時期のためか出席者がやや少なく、モチーフをシクラメンの大鉢一つを皆で囲むようにして描いた。 シクラメンの葉の色は独特で、着彩に苦労した。



秋の大月湖(2014年10月) 秋の松原湖高原(2014年10月)
                  
過去のページ
2011年 1月 2月 3月4月 5月 6月7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月3月 4月 5月6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月2月 3月 4月 5月6月 7月 8月9月 10月 11月12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月7月 10月12月
HOME