八ヶ岳高原便り

8月24日
昨日山荘にきた。夏も終わりに近づき、朝夕は20度程度まで気温が下がり、肌寒く感じるほどであった。高原ではもう萩が満開になっていた。天候は替わり易く、時折激しい にわか雨に見舞われた。八ヶ岳の山々は山頂が雲に覆われていた。
8月25日
山荘からの帰り道、平山郁夫シルクロード美術館に寄った。清里高原道路を通り、小海線の甲斐小泉駅近くにあった。小淵沢インターから車で数分のところである。今年は開館 10周年にあたり、特別展示として平山郁夫シルクロード紀行と文化財保護活動に焦点を当てた展示が行われていた。画家は、1968年に夫人と共に日本美術の源流を訪ねる ためにシルクロードを旅した。その後、数回にわたってシルクロードを旅しているが、今回はこの初めてのシルクロード旅行に焦点を当てながら、画家の主な絵画、素描、ガンダーラ の仏教彫刻などを見ることができた。日本国内に保護されているシルクロード遺跡からの流出文化財も展示されていた。バーミアンの大石仏(成川美術館蔵)、アフガニスタンの少女 (絵画)、チャイハネで会ったアフガン人(絵画)、ゼウス神像左足断片(紀元前3世紀、流出文化財)など印象深い展示が多くあった。圧巻は画家のシルクロード・シリーズで、砂漠 を旅するキャラバンの隊列が古代ローマ時代の遺跡を背景に壮大な画面に描かれていた。画伯をこれほどまでに引きつけたシルクロードの魅力とは何なのだろうか。内戦が続くアフガ ニスタンに住む人々の表情はどれも印象深かった。
身辺雑記




八ヶ岳遠望(2014年8月) 平山郁夫シルクロード美術館(2014年8月)
HOME