八ヶ岳高原便り

4月13日
今年になって初めて山荘に行った。昨年の11月中旬以来5カ月振りである。2月から3月にかけて例年にない大雪に見舞われ、積雪は1.5メートルに達したそうだ。高原には、 数家族が常在しているが、大雪の際は身動きが出来ず、開発公社で除雪車を発動して車を出せるようにしたという。我が山荘は、冬場の水管理を大工さんに頼んでおいたので、 今日は問題なく水を開通させることができた。
4月14日
高原の雪はほとんど融け、日陰に僅かの残雪が見られるだけであった。しかし、緑は少なく、日の当る場所にタンポポが花を開き、処々にダンコウバイが黄色い花を咲かせていた。 それでも、ウグイスなどの小鳥の姿が多く見られた。高原を歩くと、雪の重みに耐えかねずに枝が折れた古木が多く見られた。
4月15日
千曲市の杏の里に行った。高速道路が佐久南まで開通したので、山荘から1時間半ほどで行けるようになった。今回は開花情報をネットで調べておいたので、満開のタイミングで 訪れることができた。里の奥にある高台から見下ろすと、一面の杏畑で遠くに戸隠の山々が連なり、素晴らしい眺めだった。
身辺雑記








春の八ヶ岳連峰(2014年4月) 春の松原湖高原(2014年4月)
杏の里(2014年4月) 杏の花咲く山里の寺(2014年4月)
HOME