八ヶ岳高原便り


身辺雑記

2014年3月13日
今日から3日間京都大学で開催された第39回日本農薬学会に参加した。初日は、百周年時計台記念館にて総会、授賞式、受賞講演、特別講演、懇親会などが行われた。 2日目からは、会場を理学部・農学部キャンパスに移して、シンポジウム、ランチョンセミナー、一般講演などが行われた。参加者は、例年通り500〜600名であり、一般講演数は 昨年に比べ、20件ほど多かった。毎年見かけるシニアの方々も参加されていたが、若い会員が多く、世代交代が着実に進んでいることが伺えた。ランチョンセミナーでは、 時代を反映してミツバチに関するテーマを扱ったものが2件あった。しかし、最近メデイアが関心を持っているネオニコチノイド系農薬の毒性問題に関する講演が全く無かった。学会 として何らかの対応を取るべきではないかと感じた。
3月23日
地域自治会の総会が町内の自治会館で開かれた。全世帯数が380程度の自治会であり、およそ25の班に分かれている。それぞれの班では輪番制で班長を選ぶことになっていて、 自治会の役員は班長の互選で選ぶ。しかし、高齢化が進み、自治会役員としての仕事に耐えられなくなる人が多くなってきた。そこで、現在のような班長輪番制は続けるが、病気や 介護などで班長の仕事が勤まらない場合は、班内の合意を経た上で辞退できることにした。また、少子化のために子ども会の会員数は減少の一途で、このままでは数年のうちに消滅 の恐れがあることも話題になった。



京都南禅寺山門(2014年3月) 南禅寺金地院の庭園(2014年3月)
               
過去のページ
2011年 1月 2月 3月4月 5月 6月7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月3月 4月 5月6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月2月 3月 4月 5月6月 7月 8月9月 10月 11月12月
2014年 1月 2月 3月
HOME