八ヶ岳高原便り


身辺雑記

2014年2月14日
昨日の午後から降り始めた雪が今日の昼ごろまで止まず、大雪となった。積雪は約40センチに達した。神奈川中西部に位置する当地に越してきてから初めての大雪である。隣近所 総出で雪カキしたが、夕方になっても車が出せる状態にはならなかった。幹線道路に出れば冬用タイヤでは走れそうだったが、そこまでの600メートルは車が諸所で立ち往生しており、 冬用タイヤでも通れなかった。
2月15日
午後になってようやく車で幹線道路まで出られる状態になった。ところが、スーパーでは野菜、卵、パンなど日常の食料品がほとんど無かった。大雪で流通が混乱しており、正常に戻る まで数日かかるとのことだった。バスは通ってはいたが、本数がすくなく、停留所には長い列ができていた。町内では、若い年代の人たちも多くなったが、その一方で高齢のお年寄りも 増えている。食料品を買うために雪道を苦労して歩いているお年寄りの姿も見られた。



西見坂より丹沢の山々を望む(2014年2月) 雪の道保川公園(2014年2月)
               
過去のページ
2011年 1月 2月 3月4月 5月 6月7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月3月 4月 5月6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月2月 3月 4月 5月6月 7月 8月9月 10月 11月12月
2014年 1月 2月
HOME