八ヶ岳高原便り


身辺雑記

2014年1月25日
今年初めての絵画クラブ教室が下北沢のNEC会館で開かれ、20名ほどが参加した。今回のモチーフは水仙とアネモネの2種類で、2つのグループに分かれて描いた。何れの モチーフも花の数が少なくて物足りなかったが、「適当にイメージしながら花の数を増やして結構です」との講師の助言に従った。花の数を増やす場合には、どれも同じように描くの ではなく、大きさや色合いを少しずつ変化させながら描くようにいわれた。終わってから階下のレストランでささやかなパーテイを開いた。講師は80を過ぎているが実にお元気で、年に 2,3回は海外の展覧会に出掛けて、画家達と交流しているとのこと。冬はスキーで身体を鍛えているらしい。世話人から今年のスケジュールの説明があった。戸外写生が2回あり、 秋には例年通りグループ展を開催することになっている。
1月26日
地域自治会の歴史を書いた冊子がようやく出来上がり、全世帯に配布した。筆者が中心になり、数人の仲間に手伝って貰い、市立博物館、公民館、市役所の資料編纂室等 から資料を集め、地域の歴史に詳しい方々から寄稿や資料をいただき、自治会から資金援助を得てやっと出来上がった。スタートから完成までに4年ほどかかってしまった。印刷は 地域内の工房に依頼し、カラー写真を含めて25ページほどの冊子である。寄稿者の選択や内容の変更など、編集委員の間の意見の対立もあってここまで漕ぎつけるのは一苦労 であった。冊子の構成は、1500年代には北条攻めの武田軍団が通ったことがあるという地域の歴史、結成から38年間の自治会の歴史、お祭りなどの行事記録、サークル活動 の紹介などである。作成にあたっては、古地図や写真の取り込みなど、このホームページの運営経験がかなり役に立った。


満開のロウバイ(2014年1月) すっかり葉を落としたヒマラヤスギ(2014年1月、相模原公園)
HOME