八ヶ岳高原便り


身辺雑記

12月22日
軽井沢大賀ホールでヘンデルのオラトリオ、「メサイア」を聴いた。演奏は鈴木雅明指揮のバッハ・コレギウム・ジャパン、ソプラノはインド出身の女性歌手、シェレザード・パンタキ、 カウンターテナーはモントリオール出身のダニエル・テイラー、テノールは日本の桜田 亮、バスはロンドンのギルドホール校で学んだクリステイアン・イムラーであった。毎年、クリスマス シーズンに軽井沢でバッハ・コレギウム・ジャパンのメサイアを聴くのが習慣となった。指揮者はグループを率いてバッハ、ハイドン、モーツアルトなどの作品演奏で欧米で高い評価を得て いる。昨年、ドイツ・ライプチッヒ市から国際的なバッハ演奏の貢献に対して「バッハ・メダル」を贈られた。今夜の演奏も素晴らしかった。ソリストはそれぞれのパートで持ち味を生かし、 コーラスのハーモニーも良かった。楽器は古典的なものを使用しているとのことであった。重要な役割を担うトランペットもよく響いていた。古典楽器によるメサイア演奏では、大規模な 会場よりも大賀ホールのような中規模ホールの方が向いているようである。



軽井沢にて(2013年12月) 初冬の道保川公園(2013年12月)
                     
過去のページ
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月7月 8月9月 10月11月 12月
2011年 1月 2月 3月4月 5月 6月7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月3月 4月 5月6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月2月 3月 4月 5月6月 7月 8月9月 10月 11月12月
HOME