八ヶ岳高原便り


身辺雑記

11月9日
絵画クラブの今年最後の写生会で、小石川後楽園に行った。曇り空で時折雨がパラつき寒い日で最悪のコンデイションだった。この園は、水戸頼房が江戸上屋敷の庭園として 作ったもので、二代目藩主光圀の代に完成した。随所に中国の名所を名付けた景勝を配し、中国色が濃い庭園となっている。かんこく亭を入れた風景を描いたが、曇り空のために 暗い色調の絵になってしまった。もっと焦点を絞り、水路などを描けばよかったと後で思った。
11月16日
乃木坂の新国立美術館で開催中の日展を見に行った。今年は書道や絵画部門で審査を巡ってスキャンダルがあったとのマスコミの報道があったが、会場は例年通り賑わっていた。 ただ、例年のように会場での入賞作品の表示がなく、カタログに簡単に紹介されているだけであった。洋画部門を中心に見た。筆者が気に入った作品のタイトルと作家は次の6点 であった。咲く(相本英子)、蝉時雨II(犀川愛子)、山麓錦秋(寺坂公雄)、猫に聴かせる物語(川口もと子)、雪便り(店網富夫)、ワインのある静物(郡司島久)。この中で、川口 作品では、本を読み聞かせている若い女性を見つめる猫の表情が実によく描けていた。



小石川後楽園(2013年11月) 写生後の講評(2013年11月)
                   
過去のページ
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月7月 8月9月 10月11月 12月
2011年 1月 2月 3月4月 5月 6月7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月3月 4月 5月6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月2月 3月 4月 5月6月 7月 8月9月 10月 11月
HOME