八ヶ岳高原便り

8月13日
2日前から山荘に来ている。標高1200メートルの高原なので自宅よりは涼しいが、それでも日中は屋内でも28℃になった。地元の人達に聞くと、近年にない暑さという。そのためか、 高原の木々にも何となく生気が感じられなかった。カッコーはいなくなったが、ウグイスやホトトギスは良く響く声で鳴いていた。夕方6時から近くのレストランでデイナーコンサートが開か れた。演奏は小海フィルハーモニーのメンバーで、バイオリン、ビオラ、チェロ、ピアノであった。今夜はデイナーコンサートということで、バッハ、ヘンデルなどの室内楽のほかに日本の歌曲 などが演奏された。メンバーを率いるH氏はサンフランシスコ在住で、夫人は元サンフランシスコ響のバイオリニストで小海フィルの主要メンバーでもある。H氏は毎夏に来日して在日の メンバーを集めてコンサートを開き、収益金は東北大震災で被害にあった学童のための奨学金に充てている。
8月14日
小海駅前の「ききょう屋」で恒例の中嶋会が開かれた。山荘のオーナーと大工さんの家族との交流会で、30名ほどが参加した。中嶋棟領は長男に社長の座を譲り、今は会長と して側面からサポートしているという。この会は親朴や情報交換の場として25回目を迎え、高齢のオーナーに替わり2代目が多くなった。大工さんの広い庭ではトウモロコシ、ピーマン、 キュウリなどが栽培されており、お土産として食べきれないほどの野菜を頂いた。
8月17日
小海町の長湖畔にあるヤルヴイホールで小海フィルのコンサートが開かれ、聴きにいった。メンバーは13日と同じだが、今回はベートーベンの大公トリオ、ボルザークのピアノ五重奏曲 などの重い、長い曲だった。ピアノトリオは聴き応えがあったが、ドボルザークの曲は余り演奏されない曲なので終りまで聴くのは重荷だった。120名収容のホールは7割ほどの入りだった。 ヤルヴイホールは長湖を見下ろす丘の上にあり、湖を隔てて八ヶ岳連峰を眺めることができる。この辺りはフィンランド村と呼ばれ、夏至の頃にフィンランド祭が開かれる。
身辺雑記

8月3日
地元3自治会合同夏祭りが町内にある公園で開かれた。神輿やこどもの山車が町内を練り歩き、夜は公園に屋台が並び、カラオケ、スイカ割り、抽選会など例年と同じ賑わいだった。 いつも毛筆で書かれた寄付者の名前がボードに張り出されるが、例年書き手の中心であったK氏の姿が今年は見られず、残念であった。K氏は昨年旅立たれた。




シラカンバの樹林、松原湖高原(2013年8月) ヤルヴイホールでの演奏会(2013年8月)
HOME