八ヶ岳高原便り

4月13日
先月に続き、今月も山荘に来た。国道141号線沿いの桜は満開で、木々の緑も先月よりは濃くなっていた。しかし、松原湖高原では所々に木の新芽が見られる程度だった。桜も 蕾のままだった。高原の奥の渓流沿いには早くもミズバショウの清楚な花が開いていた。今年は例年よりも10日ほど開花が早いようだ。
4月16日
小淵沢カントリーで、友人のAご夫妻とゴルフをした。夫妻の山荘は、小淵沢の信玄ゆかりの棒道近くにある。筆者の山荘とは車で1時間弱の距離なので、スケジュールを合わせて 年に数回ほど一緒にゴルフを楽しんでいる。小淵沢CCは比較的やさしいコースで、カートをフェアウエイに乗り入れることができる。晴れていれば南アルプスの眺望が素晴らしいが、 今日はあいにく曇りで、山の一部しか見えなかった。
4月17日
少し遠回りになるが、千曲市の杏の里経由で神奈川に戻った。案の定、杏の花は殆ど散った後だった。例年ならば今頃は最盛期の筈であったが、残念だった。それでも杏の里にある 神龍山禅透院という寺の境内に咲き誇るオオシマザクラは満開で、見事だったので写真に収めた。
身辺雑記

4月19日
東京農業大学で開催された第30回農薬生物活性シンポジウムに参加した。今年は30周年という節目の年なので、冒頭に今までこのシンポジウムの運営に尽力されてきた 山本 出先生の講演があった。プログラムは殺菌剤、殺虫剤、除草剤の3分野に分けられ、それぞれで過去10年間の開発動向と新規剤の開発に関する講演があった。 最近の動向を知るためには有意義なシンポジウムであった。それだけに若い人たちの姿が目立ち、会場は満席だった。




HOME
松原湖高原から望む八ヶ岳連峰(2013年4月) 神龍山禅透院(2013年4月)