八ヶ岳高原便り

3月19日
今年初めて山荘に行った。このところ、初夏を思わせる陽気の日が続いたので高原の中の道路には雪は無く、庭の日陰に残雪が見られる程度であった。しかし、木々は冬の姿で、 緑は全く見られなかった。僅かに黄色いマンサクの花が春の近いことを告げていた。畑には耕運機が入り、もう農作業が始まっていた。暖かい日が続いていたので、冬の間水留めして おいた山荘の通水もトラブルなく行うことができた。
3月20日
久し振りに大月湖畔で絵を描いた。木々には緑が無く単調になるので、どうしても絵の中心は純白に輝く八ヶ岳の山々になった。雪の無い山腹の部分は微妙に色が変化しており、 表現するのが難しかった。
身辺雑記

3月14日
今日から3日間筑波大学で開催された日本農薬学会に出席した。初めてJR秋葉原駅から「筑波エクスプレス」に乗った。エクスプレスは地下深くの駅から出るので、乗り換えに 手間取ってしまった。それに快速でも停車駅が多く、1時間弱かかるので神奈川から通うのは大変だ。前夜から筑波中央駅近くのホテルに泊まったのは賢明だった。
3月24日
自治会の総会が町内の会館で開かれた。現在の加入世帯数は382世帯で、委任状を含めて総会参加は299世帯であった。最近はアパートや2世帯住宅が増えて町内の世帯 数は増加傾向にある。その一方で、会員の高齢化も進み、自治会の役員を引き受けられないお年寄が増加している。集金や印刷物の配布などはできても、お祭りやどんど焼きの 準備、自主防災訓練など体力を要するイベントはお年寄りにとってかなりの負担となる。そのため、30近くある班の中で高齢化が進んでいるところでは数年間隔で班長役が回って くるが、世帯数が多い班では十数年間隔というところもある。このような状況から、班の再編成を行うこととなった。また、自治会創立から38年という歳月が流れ、昔の歴史に詳しい 人が少なくなり、世代交替も進んでいることから「自治会のあゆみ」を編纂し、後の世代に伝えることになった。




早春の松原湖高原(2013年3月) 野辺山高原から望む早春の八ヶ岳(2013年3月)
HOME