八ヶ岳高原便り

身辺雑記

2月23日
横浜のみなとみらいホールで開かれたN響定期演奏会を聴きにいった。プログラムは、リスト:交響詩「レ・プレリュード」、リスト:ピアノ協奏曲第1番、サン=サーンス:交響曲第3番 で、指揮はドイツミュンヘン生まれの準・メルクル、ピアノはルーマニア生まれのヘルベルト・シュフだった。N響定期を聴くのは久し振りだった。今日の演奏では、ピアニストのテクニックには 圧倒された。まるで手が4本あるかのように自在に鍵盤をたたいていた。それでいて、確かな音楽性が感じられた。アンコールの「ラ・カンパネラ」では、情緒たっぷりな演奏を聴かせてくれ た。サン=サーンスの第3シンフォニーは筆者が最も好きな曲の1つで、第2楽章の力強い冒頭部分や終わりの部分の盛り上がりを聴くといつも勇気づけられる。この曲では、オルガン が重要なパーツを受け持っており、パイプオルガンが重厚なメロデイーをホールに響かせていた。オルガニストは日本人女性だった。




HOME