折々の記(62)

光陽展


光陽展は今年創立70周年を迎え、上野の都美術館で記念の展覧会を開くことになり筆者が所属する絵画クラブもこの展覧会の小品の部に出展した。筆者は、光陽展の名誉会員であった故奥 八郎画伯とは同じ研究所で仕事をしていた関係で奥画伯から度々出展を誘われていたが自信がなくて中々実現しなかった。ようやく出展の決心がついたので、仲間にも声をかけて今回出展することになった。幸いなことに私たちの絵画クラブ所属の8人が応募し、全員審査をパスして展示された。展覧会は4月2日〜8日に開かれ、コロナ禍にもかかわらず多くの方々が見に来られた。プロの画家による作品とは別に小品コーナーの2室に私たちのグループを含めて、アマチュアの作品が展示された。会場には審査員の方々もいたので、自分の絵についての批評も聞くことができた。
約10室ほどの会場にはプロアマの力作が多数展示され、それらを見ることはよい勉強になった。都美術館のような大きな場所で自分の作品が展示されるとは思ってもいなかった。これはという作品が描ければ来年も出展したいと思っている。

HOME