水彩画の楽しみ


学生時代、水彩画を最後に描いたのは高校1年の時である。 それ以来、絵の具や画用紙とは全く無縁であった。しかし、その間でも公園などで絵を描いている人を 見かけると、自分も描いて見たいという衝動に駆られることがあった。そのような折、各企業のOBで構成 される「日本セカンドライフ協会」の絵画サークルに入っている人に薦められて入会した。毎月1回、 明大前の教室で静物をモチーフにして描き、年2回は戸外で写生もする。その他に、自分で写生に出かける。 特に、山をバックにした風景を描くのが好きである。

絵の楽しみは、描く過程にあると思う。先ず構成を考え、デッサン、着彩とすすめていくが、出来上がり を想像しながら描いていくのは楽しい。しかし、満足のいく絵は中々描けない。
第16回JASS絵画展から(2017年9月20日〜9月24日)
大月湖畔から八ヶ岳を望む(2017年3月)
新緑の新宿御苑(2017年5月)

HOME